池袋 保険相談

池袋駅近くの保険相談|人気ランキング

 

池袋駅近くで保険相談ができる人気のショップをご紹介します!

 

保険のビュッフェ

 

 

保険のビュッフェは、保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介してくれて、無料で保険相談できるサービスです。生命保険や学資保険、医療保険、がん保険など、あらゆる保険の相談できます。

 

FPは、複数(数十社)の生命保険会社の商品を取り扱っていて、中立的な立場で保険の相談にのってくれます。保険選びに迷っていたり、今加入している保険の良し悪しが心配だったり、様々な相談を中立的にアドバイスしてくれます。

 

 

⇒保険のビュッフェ 公式サイトはこちら

 

・池袋駅からのアクセス 池袋駅より徒歩4分
(池袋店の住所は、相談予約完了後に、お知らせがあります!)

 

キッズスペース完備!
個別ブースあり!
自宅への出張相談も可能!

 

 

保険見直し本舗

保険見直し本舗

 

保険見直し本舗は、経験豊かのスタッフが保険の無料相談にのってくれるサービスです。保険の新規加入はもちろん、保険の見直しや加入手続き、アフターフォローなど各種サービスが無料で受けられます。

 

取り扱いの保険会社は40社以上!多くの保険会社商品を取り扱っているので、あなたに一番適した保険を見つけるができるでしょう!

 

池袋には池袋駅西口、徒歩3分のところに「保険見直し本舗 池袋店」があります!

 

 

⇒保険見直し本舗 公式サイトはこちら

 

・池袋店住所:東京都豊島区西池袋1-16-10 第2三笠ビル10F
・池袋駅からのアクセス:池袋駅より徒歩3分

 

キッズスペース完備!
個別ブースあり!

 

 

保険クリニック

保険クリニック 診断

 

保険クリニックは、消費者の目線に合わせた分かりやすい説明が評判です。保険に入るのが初めてで、保険についてあまり詳しくない人人でも、分かりやすく説明してくれるでしょう。

 

相談にのってくれる担当のスタッフは、様々な研修を積んでいて保険の知識が豊富なので、きっとあなたに適した保険を紹介してくれるでしょう!

 

取り扱い保険会社は40種類ほど!生命保険だけでなく火災保険をはじめとする損害保険の相談も可能です。池袋には池袋駅西口、駅徒歩5分のところにあります。

 

 

⇒保険クリニック 公式サイトはこちら

 

・池袋店住所:東京都豊島区西池袋3-27-12 池袋ウエストパークビル5F
・池袋駅からのアクセス:池袋駅より徒歩5分

 

キッズスペース完備!
個別ブースあり!
自宅への出張相談も可能!

 

 

満足度93%!強引な勧誘のない、中立的な保険相談「保険のビュッフェ」

 

 

保険のビュッフェの特徴

・お金のプロ・FP(ファイナンシャルプランナー)による無料保険相談
・相談実績14万件以上!満足度は93%!
・無理な勧誘、しつこい営業は一切なし!
・必要なければ断ってよし!
・毎月7000件以上の相談あり
・学資保険や医療保険、生命保険、がん保険、年金保険などあらゆる保険の相談に対応!
・保険だけでなく、税金や社会保険、住宅ローン、相続などの相談もOK!
・提携FPは、平均経験年数8.3年

 

保険のビュッフェは、お金&保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)を無料で紹介してくれるサービスです。場所は自宅や喫茶店、勤め先でも相談できますし、池袋にある保険のビュッフェ池袋店でも相談可能です。

 

相談料は一切無料!何度相談しても無料で相談できます。

 

FPという言葉を初めて聞く人もいるかもしれませんが、FPとは保険、投資、住宅ローン、ライフプランニング、相続などお金全般にまつわる専門資格のことをいいます。FPは国家資格です。FP資格をもったお金&保険の専門家があなたの保険の悩みに無料で相談に乗ってくれます。もちろん、投資や住宅ローン、ライフプランニングなど、保険以外の知識もあるので、一緒に相談に乗ってくれますし保険にまつわる総合的な見地からアドバイスをしてもらえます。

 

無理な勧誘やしつこい営業は一切ありません。保険と聞くと、しつこくされたり、押しの強かったりする営業がいるイメージがありますが、保険のビュッフェは全くそのようなことがありません!

 

複数の保険会社を取り扱っているので、中立的な立場でお話をしてくれて、しっかりとした専門知識を持って分かりやすく説明をしてくれます。あなたのペースで、ゆっくりと保険を検討することができるでしょう!

 

⇒【公式サイト】保険のビュッフェについてもっと詳しく!

 

 

 

 

 

保険の見直しは、ファイナンシャルプランナーに相談すべき4つの理由

 

 

保険を見直す際は、ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。

 

ファイナンシャルプランナーとは、いわばお金のプロ!保険だけでなくお金に関する総合的な知識を持っています。

 

なぜファイナンシャルプランナーに相談すべきか?その理由を以下でお伝えします。

 

人生設計を元に最適な提案をしてくれる

生命保険は人生において、それぞれのステージで必要となるものが決まります。

 

けれども一般的に、人生の中でのお金の流れというものは、なかなか理解されていないものです。

 

例えば結婚を意識しているのであれば、どのようなお金が必要になるのか、それによって保険料はどのくらい確保できるのかを知る必要があります。また単身者でいる場合と、家族を持った場合には保障内容にも変化が現れます。

 

ファイナンシャルプランナーはそのような人生設計におけるそれぞれのお金の流れというものを適切に提示してくれます。その結果、選ぶべき生命保険がどのようなものかを判断できるというわけです。

 

 

保険会社の枠を越えた商品検討ができる

生命保険を選び際に、ファイナンシャルプランナーに相談すれば保険会社の枠を越えて検討することができます。

 

同じくらいの保険料であっても、保険会社が違えば保障内容などは全然違います。

 

そしてどのような保障内容がベストなのかは、それぞれで異なります。

 

「自分にとって必要な保障はどのようなものなのか」「それを満たす保険はどの会社のどんな商品なのか」を適切に提案してくれるわけです。

 

ファイナンシャルプランナーは特定の保険会社に肩入れすることがないので、公平な目で見て判断してくれます。

 

保険会社に足を運んでも、あくまでもその会社で提供している商品の中でしか適するものは探すことができません。

 

けれどもファイナンシャルプランナーの場合には、目的を定めてから、それに見合うものを複数の保険会社の中から選び出し提案することができるというわけです。

 

 

豊富な生命保険の知識がある

 

生命保険は時代の変化と共に様々な商品が生まれています。

 

その結果、保障内容は極めて細分化されることになり、ニッチな要求にも応えることができるようになっています。

 

そのため一般的には、全ての保障に関する知識を仕入れることは困難となっていますし、そのような知識を仕入れる時間も取れるわけではありません。

 

そこで保険のプロでもあるファイナンシャルプランナーに相談することで、どんな保障があるのかを知ることができます。

 

その上で、自分にはどんな商品が必要なのか、あるいは役に立つのかを教えてもらうことができます。

 

 

起こり得る問題に対する解決提案をしてくれる

長い人生においては、どのようなリスクが潜んでいるか分かりません。

 

人によって考えられるリスクは異なりますし、それに対する対策も違います。

 

また人によって考え方も異なるために、ファイナンシャルプランナーに相談することでお金に関するプロの視点から、的確な課題の発見と必要となる解決案を提示してくれます。

 

これは自分ではなかなか気づかないものですし、プロに指摘されることでリスクというものを改めて自覚することにもなります。

 

将来の生活を考えてどんな資産運用をすれば良いのかも理解できるようになるわけです。

 

そのために活用できる生命保険はどのようなものかを知ることができます。

 

 

⇒最も優秀なファイナンシャルプランナーが在籍している保険相談

 

 

保険の見直しを検討すべき時期

 

生命保険の見直しを検討するべき時期は大きく3つあります!

 

以下で詳しくお伝えします。

 

収入が大きく変わった時

 

 

生命保険は通常、毎月保険料を支払うことになりますから、収入額が大きく変更になった時は、生命保険の見直しを検討した方が良い時期です。

 

収入が大きく変わる時期として、具体的には「就職、昇進、転職、離職」の4つの時期があります。

 

・就職

収入額が大幅に変わるタイミングとしては、まずは「就職」した時が挙げられます。学生時代に比べて自分が使えるお金が大きく増えますので、まずはこのタイミングで生命保険への加入を検討する方も多いでしょう。

 

・昇進

就職の後に収入額が大幅に変わるタイミングとしては「昇進」が考えられます。昇進したことで日々の支出も増え、もし万が一の事態が起きたときに必要となるお金の量も増えたのであれば、生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。

 

・転職

もしあなたが「転職」をした場合には、その時も生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。転職に伴い、収入額が変わるだけでなく、住む場所や生活スタイルが変わることもあるでしょうから、その時の生活内容と生命保険の内容がマッチしているか?をチェックした方が良いでしょう。

 

・離職

定年退職やその他の理由で「離職」をした場合、自由に利用できるお金に制限が出ることが考えられます。月々の生命保険料を支払えるのか?も考え直す必要が出てくるはずですので、離職のタイミングも生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。

 

 

家族構成が変わった時

 

 

生命保険は自分に万が一の事態が起きたときに残された家族に向けて準備をしておくものです。ですので、家族構成、特に自分が扶養するべき家族構成が変わった時は、生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。

 

家族構成が変わるときというのは、「結婚、出産、子供の成長・独立」の3つの時期が当てはまります。

 

・結婚

「結婚」すると、それまで自分ひとりのことを考えれば良かったところが、配偶者のことも併せて考えることが必要になります。自分に万が一の事態が起きた時の、配偶者の収入や、その後の生活がどうなるかを想像して必要な生命保険の内容を見直す必要があります。

 

・出産

「出産」し子供が増えたタイミングも、生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。子供は配偶者とは異なり、少なくとも成人になる程度までは収入もなく、親が扶養をする必要があります。子供が成人になるまでに必要となる金額を生命保険でカバーできるか?を計算して生命保険の内容を見直す必要があります。

 

・子供の成長・独立

「子供の成長・独立」したタイミングでは、自分が扶養するべき家族が減ったり、万が一の事態が起きた時に残された家族に必要となるお金の量が変わるため、生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。特に、子供が独立した後は、子供に遺産としてどれだけの金額を残したいのか?を検討し、生命保険の内容を見直す必要があります。

 

 

資産に大きな変動があった時

 

 

自分に万が一の事態が起きた時に、残せるものは生命保険だけではありません。例えば、元々自分に十分な資産(貯蓄)があれば、生命保険に入らなくとも遺族が生活に困ることは無いかも知れません。このように、自分の資産に大きな変動があったタイミングも生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。
具体的には、「遺産の相続、ローンの発生」の2つが当てはまります。

 

・遺産の相続

「遺産の相続」が発生したタイミングでは、生命保険と遺産とを合算して生命保険の内容の見直しを検討する必要があります。

 

・ローンの発生

資産にはプラスの資産もあれば、マイナスの資産もあります。生命保険ではマイナスの資産も含めて遺族の生活がカバーできるかを考える必要があるため、家や土地・車といった大きな金額の「ローンの発生」したタイミングも生命保険の見直しを検討した方が良い時期と言えます。

 

 

保険の見直しで、新しい保険・保障内容に変える前に確認したいこと

 

 

生命保険を見直すときは、基本的に保険会社の営業マンか保険代理店のファイナンシャルプランナー・アドバイザーから話を聞いて見直すことになると思います。

 

そのときは担当者を信頼し見直しがちですが、失敗しない見直しをするためにも以下で挙げる3つのポイントは大丈夫か確認してみてください。

保険料は高すぎないか?

 

保険を見直すことで保険料が高くなる場合もあるでしょう。その時その保険の保険料は高すぎないか?を考えてみましょう。

 

保障を手厚くすることは非常に大切なことです。ただ、日々の家計を圧迫し、保険料が支払えないなんてことが一番駄目なことです。

 

結局は保険料を支払えず、そのまま解約することに繋がるからです。タイミングが悪いことに、解約したとたん万が一のことが起きてしまうことも当然考えられます。これではもちろん保険金を受け取ることはできないわけです。

 

 

まずは家計と相談し、保険として準備できる毎月の保険料を計算してみましょう。その範囲で準備できる保険金額を知ることで、その後の生活にも活きてきます。

 

また、払い込み期間が短いことで保険料負担が大きくなる場合は、払込期間を長くして月々の保険料負担を軽くすることをおすすめします。

 

もちろん、高齢になってから支払いができるかどうか不安ではありますが、現在の生活が保険料で苦しいようでは、遅かれ早かれ保険契約の存続自体が難しくなるでしょう。できることをできる範囲で行うことが重要です。

 

 

他には、葬儀代など必要最小限のベースとなる終身タイプの生命保険を一つ準備するようにし、その上に定期保険で必要な金額を必要な時期にピンポイントに準備することで保険料負担を抑えることもおすすめです。

 

 

保険金額は少なすぎないか?

 

逆に保険料の安さに目がくらみ、いざという時の保障が少なすぎる場合もあります。

 

最近の保険は特に、保険料の安さを武器にシェアを拡大しています。保険契約者も毎月の固定費ですから、やはり安いに越したことはありませんよね。

 

しかし、考えてみてください。保険料が安いということは、先々受け取ることができる保険金額も同様に少ないということを意味します。

 

先に述べたように、やりくりできる保険料の範囲で、このくらいあれば大丈夫だと計算できる保障を受けられるよう、保険の内容もしっかり確認しましょう。

 

 

無理に一生涯保障にこだわっていないか

 

人間の生活スタイルは時とともに変わっていきます。変わってきたからこそ保険を見直すわけです。

 

これから先も状況は変わってくる可能性の方が大きいので、一生涯の保障だけで大きな保険料を出し、結局続けることができなくなる状況だけは避けましょう。

 

また、保険を契約したときは考えもしなかった病気を持つ可能性もあり、契約当時にその病気に備えていなかったのであれば、意味の無い保障内容となってしまいます。

 

病気はいつなるか読みにくいものではありますので、ご自身の年齢や体調などを考慮し、小まめに保険について考えるくらいの気持ちで見直すようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋の保険相談情報東京都豊島区にある池袋駅周辺には数多くの保険相談窓口があります。生命保険や医療保険、学資保険、個人年金保険、養老保険、がん保険、介護保険など生命保険会社が扱う保険種類に関しては保険相談窓口で取り扱いがあるため、池袋に訪れた保険に悩みを抱えている人たちが日々数多く相談しています。相談内容は様々。加入している生命保険があっているか、保険料をもう少し下げられないか、加入中の保険の保障で十分なのか、他の保険会社の類似商品に比べてお得な保険に入っているのか、このままの契約内容で十分か等です。保険相談ショップで相談したからといって必ず契約しないといけない決まりはありません。無理な勧誘もなく、強引な営業もないのが保険相談ショップの特徴であります。勧誘や押し売りがないということは池袋駅周辺にある保険相談ショップ全て共通することです。ところであなたは池袋駅にある保険相談ショップがどこなのか調べたことはありますか?テレビCMなどでもお馴染みの代表的な保険相談ショップ6店舗を挙げていきましょう!1)ほけんの窓口サンシャインシティアルパB1店(住所:東京都豊島区東池袋3−1−4サンシャインシティ専門店街アルパB1F、アクセス:JR山手線、JR埼京線、東武東上線、西武池袋線「池袋駅」東口から徒歩8分、営業時間:10:00〜20:00(定休日:なし))2)ほけんの窓口池袋店(住所:東京都豊島区南池袋2−27−17いちご南池袋ビル8F、アクセス:池袋徒歩5分、営業時間:10:00〜19:00(定休日:なし))3)ほけんの窓口東武ホープ店(住所:東京都豊島区西池袋1−1−30東武ホープセンター、アクセス:池袋駅地下道直結、営業時間:10:00〜21:00(定休日:なし))4)ほけんの窓口池袋西口店(住所:東京都豊島区西池袋1−20−1アイタワ−4F、交通アクセス:JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ丸の内線、有楽町線、副都心線、東武東上線、西武池袋線、各線西口から徒歩1分。営業時間:10:00〜19:00(定休日:なし))5)保険クリニック池袋店(住所:東京都豊島区西池袋3−27−12池袋ウエストパークビル5F、アクセス:池袋駅西口より徒歩3分、営業時間:10:00-18:00(定休日:水曜、祝日&年末年始))6)保険見直し本舗池袋店(住所:東京都豊島区西池袋1−16−10第2三笠ビル10F、交通アクセス:JR・地下鉄・東武東上線・西武池袋線「池袋駅」から徒歩3分)ご覧のとおり池袋駅周辺にはほけんの窓口がたくさんあるのです。全4店舗。店舗が密集している地域というだけに池袋では数多くの保険相談者が訪れる街と言えるかもしれません。なんせ保険相談は何度相談しても何時間相談しても無料でできます。それにショップにいるのはファイナンシャルプランナー(FP)資格を持つ営業員が多いですし、複数の保険会社の取り扱いがある乗合の代理店でもあるので、中立的な立場で保険の提案・相談・見直しができます。お店によっては予約が埋まっているケースもあるようなので、保険相談したいと思ったらネットで早めに予約しておくことがおすすめです。営業時間や定休日も店舗ごと違うので事前に営業時間や定休日を調べてから訪ねるようにしましょう。保険選びの失敗というのは一つの保険会社のみに相談し、その保険会社の担当者の意見を鵜呑みにしてしまうこと。日本生命や明治安田生命、住友生命、アフラック、第一生命といった一つの保険会社商品しか扱えないところに相談し保険を決めてしまうのは危険です。基本的に営業マンは自分に不利な情報は出そうとしませんし、内容を少し持った感じで喋ってきます。池袋駅周辺に多数ある保険相談窓口に出向きいくつかのアドバイスを参考にしてください。そしてご自身でも保険商品の違いやどの保険会社が自分に合っているのかを考えましょう。ご自身で保険同士を比較したり、見直しをすることができないといつまでも保険選びに失敗してしまいます。保険を見直す機会に一度保険について勉強することをおすすめします。保険相談窓口へ出向く時にはネット予約もしくは電話予約を必ずしてから伺ってください。なぜかというと、このような保険相談ショップはアポなしの訪問者が多いためです。予約なしで伺っても、ショップにいるファイナンシャルプランナーさんの人数は限られているわけですから、事前予約をしっかりし、相談できなかった・・という事態を未然に防ぎましょう。