結婚するのが早くて自分自身で保険に加入したのは20歳を過ぎた頃でした。

 

最初は全くの知識もなく、知り合いの紹介で加入していましたが若かった私には保険に加入したもののお世話になる事態も生じることなく平凡に暮らしていました。

 

初期の頃、生命保険、学資保険、傷害保険、火災保険・・・あらゆる保険に加入して生計を立てていましたが当時加入していた時は年齢が若いとあってすべてに対して掛け金は安い方でした。
そのまま10年が経った頃、旦那とは離婚することに。

 

全保険を解約せざるを得ない状況でひとつも残すことなくすべて解約しました。

 

子供たちに掛けていた学資保険も何もかも・・・。新たな再出発を決めたとき、保険加入を再度決意しました。その時相談したのが保険のビュッフェさんです。
保険のビュッフェさんはネットで保険相談窓口について検索している時に、一番良さそうだと思って決めました。

 

まずは自分の生命保険から相談。

 

以前はあまり耳を傾けることなく友人の進めで加入したり、保険外交員の方にお任せしたりといった形で加入していましたが、世帯主となった私は保険内容に耳を傾けるようになり、担当のFPさんから詳しい説明を聞くようになりました。

 

世帯主の私がもし万が一今いなくなったら子供たちへの保障はいくらぐらいの設定にしとけばいいんだろう・・・もしわたしがけがをして働けなくなったらどれだけの保障をしていたらいいのだろう…など不安を少しでも楽にさせてくれて保険料を無駄なく有効利用させてくれるプランを提案して頂きました。

 

出会った担当のFPさんのおかげで、私のライフスタイルにあった適格な保険選びが出来ました。

 

今加入している保険には大変満足しています。保険は万が一の備えの為ですから自分のライフスタイルに合わせてプランを立てて下さる方に相談するのが一番だと私は思います。