子供が生まれ、将来のために学資保険を検討していました。

 

保険の相談に乗ってくれる窓口へ行き、どこの会社の学資保険が良いか検討していることを伝えました。さまざまな学資保険を紹介してくれますが、どれもいまいちピンときません。

 

そもそも、私はいままで保険の契約自体、なんとなくで契約しており、内容について把握もしてきていません。どのような保険があるのかも知らないのです。

 

そこで、今度は別の保険相談の保険のビュッフェさんに問い合わせて、相談してもらいました。

 

当日は、気持ちをありのままファイナンシャルプランナーのお姉さんに伝えました。

 

「貯金目的、子供の学費さえたまれば特にそのほかの保障は必要ない、なによりも利率を一番重視」
すると、お姉さんは、意外な商品を紹介してくださいました。

 

「利率だけを重視されるのであれば、お母様かお父様の生命保険を契約するのが一番良いですよ」

 

生命保険といえば、死んだときにお金がでるもの、としか思っていなかったので、

 

「え?生命保険で貯金ができるのですか??」

 

と、思わず疑いの目を向けてしまいました。

 

生命保険という名目ですので、もちろん死んだ際に保険がおりるのですが、契約期間満了まで保険金を支払うと、支払った保険金より多くのお金を戻してくれるというのです。

 

しかも、契約満了後もそのまま保険を解約せず、さらに運用してもらうことも可能だということ。

 

利率はもちろん、学資保険よりも良い。

 

我が家ではまったく選択肢になかった「生命保険」。これを学資保険代わりに契約することにしました。

 

利率だけを追及される方には、学資保険よりもお勧めですよ!