私は、病気をするまで保険には無頓着でした。結婚したことをきっかけに、初めて死亡、入院などの保険に加入したしたが、とくに内容を細かく確認したわけではありませんでした。

 

しかし、それから1年もたたないうちに入院手術が必要な病気になってしまいました。入院じたいは2泊3日と短く、その後は自宅療養でよかったのですが、その時は、長男を出産した直後で病気になったこともショックでしたが長男と離れることも悲しく頭が真っ白になりました。さらに、医療費のことも気になりました。

 

実際には入院、手術費と合わせて10万円ほどかかりました。

 

手術が決まってからは非常に憂鬱でしたが、いざ終わると少し気持ちにも余裕ができ保険の請求を行いました。

 

加入から1年未満ということもあり支払いまでの初手続きがかなり時間がかかってしまいましたが、結果的に7万円の支払いがありました。さらに、祖母が加入してくれていた保険より数十万円の支払いもありました。その額の多さには少し驚きました。

 

病気をしたことは非常に悲しく今、思い出しても辛いですが、わずかでもお金が帰ってくるということによって、少し気持ちも楽になりました。

 

これまで、無頓着だった保険ですがらこれからはしっかりと見直していきたいと思っています。